初心者でもできる!フラワーアレンジ通信講座の作り方

【アーティフィシャルフラワー通信講座】
【アーティフィシャルフラワーレッスン教室・東京都港区】
初心者のためのアーティフィシャルフラワースクール

受講生の声よくあるご質問/
レッスンメニュー/初めての方へ
教室へのアクセス(東京都港区 JR田町駅から徒歩5分、都営線三田駅から徒歩3分)
お問い合わせ
050-5319-6741(9:00-17:00)
info@elestyletokyo.com

ご覧いただきありがとうございます^^

アーティフィシャルフラワーアレンジの楽しさを、

「分かりやすく、丁寧に」を心がけてお伝えしている

大久保絵梨(おおくぼ えり)です。

投稿用
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ・:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  


これからレッスンを始めようと考えている方、
すでにレッスンを行っている方、

通信講座を作ってみたいと思ったことはありませんか?^^

「難しそう」
「やり方が分からない」
「運営方法が分からない」

と、一見個人にはハードルが高そうな通信講座作りですが、
法人でなくても、一個人でも、実はとても簡単に導入できます^^

本日は、「初心者でもできる通信講座の作り方」をお伝えします。

通信講座を作るメリットとデメリット

通信講座を作ると何が良いのでしょうか?

生徒の視点でのメリット・デメリットは良く耳にしますが、
では経営者としてはどうなのか?

まずはそこを知っておきましょう。

通信講座を導入するメリット

・24時間365日売上が発生する

通学レッスンの場合、売上が発生するには、受講生の希望日とレッスンの空きが一致する状況(=予約が取れる状況)でなければなりません。
申し込みとご入金だけでは売上にはならないのです。
大抵のレッスンには定員がありますし、またレッスン日や時間もあらかじめ決められているので、受講生全員が「行きたい」と思った日程で予約が取れるわけではありません。
つまり、売上の機会損失が発生している可能性があります。

通信講座の場合は、レッスンに予約はありませんから、いつでも受講生の都合の良い時間にレッスンを受けていただけます。
つまり、日程を調整して予約を取る必要がないため、申し込みとご入金だけで、24時間365日売上が発生します。

・日本だけでなく世界中の人がお客様になる

通学レッスンの場合、そこに通える人でないとお客様になりませんが、
通信講座の場合は世界中の人がお客様になります。
キットの発送を国内限定にしたとしても、対象となる地域は日本中に広がるため、
遠く離れた場所に住んでいる方にも受講していただけます。

・いつでもどこでも仕事ができる

通学レッスンの場合、レッスン開催日に自分がレッスン会場にいなければなりませんが、
通信講座の場合は、パソコンさえあれば基本的にいつでもどこでも仕事ができます。
自分のペースで仕事が可能なので、
転勤族であちこち回る方や、小さなお子さんがいてまとまった時間がとれるのが不規則な方にも仕事しやすい環境になります。

通信講座を導入するデメリット

・コンテンツの変更に手間がかかる

通学レッスンの場合、レッスン内容を変えたい時は次回から指導方法を変えるだけで良いので簡単ですが、
通信講座の場合は、再度撮影・編集などを行わなければならないため通学レッスンの比べてコンテンツ変更に手間と時間がかかります。
ただ、通学レッスンは対面でその都度自分がレッスンすることではじめて収入になりますが、
通信講座の場合は、一度コンテンツを作ってしまえばあとはサポートやフォローのみになり、その後の業務は楽になるため、結果としてかかる手間や時間は通学レッスンと同じ程度・またはリリースしてから時間が経つほど少なくなります。

・ある程度のIT知識は必要

通信講座にはDVDで動画を再生するパターン・オンラインで動画を再生するパータンなど色々な方法があり、
添削などのサポートにはFAX・電話も使うことも可能ではありますが、
現在はオンラインが中心になっていきているので、メールやネットなどを使用できるある程度のIT知識は必要です。
オンラインで開講する場合は、サーバートラブルがあった時に迅速に対応できるフットワークの良さも重要になります。
パソコンを全く使わずに「集客はチラシ、動画はDVD、添削や質問はFAXか電話」としても良いかもしれませんが、お客さまと対象地域をかなり選ぶことと、通信講座のメリットを完全に享受できないことからあまりおすすめはしません。

通信講座の構成

フラワーアレンジなどのレッスンを通信講座にする場合、構成としては以下のようになるのが一般的です。

講座のコンセプトや内容によって組み合わせは変わります。

・動画レッスン
→実際に講師がアレンジをしている様子を動画におさめたもの。
かつてはほとんどの通信講座がDVDになっていたが、現在はオンライン公開動画(HPなどにアクセスして視聴する)が増えている。
オンラインの場合、動画サイトにアップしてURLを伝える方法や、独自にサイトを作って公開する方法などがある

・テキスト
→レッスン内容の補足として使う資料。
動画にプラスして伝えたいことや、文字・図の方がわかりやすいことがある場合などに利用する。
紙に印刷するパターンと、PDFなどデジタル資料にするパターンがある。

・材料キット
→レッスンで使用する花材や資材などが入ったセット。
道具は各自で揃えてもらうパターンと、あらかじめセットになっているパターンがある。

・添削サポート
→レッスン課題を添削しアドバイスするサービス。
提出方法は、メール・FAX・郵送など様々。
レッスンターゲットや人件費、手間と受講料のバランスなどを考慮して決める。

・質問サポート
→講座を受講中に分からないところにお答えするサービス。
提出方法はメール・FAX・郵送など様々。
レッスンターゲットや人件費、手間と受講料のバランスなどを考慮して決める。

だいたいどこの通信講座も、これらの組み合わせであることが多いです。

何をどのように取り入れるかは、講座の客層やコンセプト・受講料と経費のバランスなどを考慮し決めていきます。

ちなみに当スクールの通信コースはこのようにしています。

・動画レッスン

▲会員サイトから視聴するタイプ。
オンラインなので、コンテンツを更新すると卒業生も最新情報を見ることができます。

・テキスト

▲紙に印刷。
冊子数も多いのでボリュームが大きくなりますが、受講生が自分で印刷する手間を省けるので導入しています。

・材料キット

▲道具つき。
届いたらすぐ受講できるようにしたかったので、必要なものは全てキットにしました。

・添削サービス

完成した課題を写真に撮って、メールに添付して提出。
ネットやスマホが中心になってきていること、提出や返信が届くのが郵便よりも早く迅速な対応ができること、写真の送付が郵送より楽なことからメールにしています。

・質問サポート

受講生専用メールアドレスに送信して質問する形にしています。
メールに慣れている方が多いこと、電話はレッスン中など出られないことが多くあり折り返しも時間を選ぶこと、FAXよりメールの方が対応が早いことからメールのみにしています。

動画の作り方

動画作りのながれはこのようになります。

花材を揃える

撮影

編集

(DVDの場合)
DVDに焼く

(オンラインの場合)
オンラインにアップする

・撮影は、業者に頼むこともできますが、ビデオカメラを使って自分で撮影することもできます。

・編集は、撮影を業者に頼むとだいたいの場合は編集もついてきます。
撮影を自分で行った場合は、パソコンの動画編集ソフトを使えば業者に頼まなくても自分で編集できます。

・DVDに焼く方法は、業者に頼むこともできますが、パソコンを使って自分で作成することもできます。
オンラインにアップする方法は、動画サイトにアップロード(投稿)すればOKです。

▲会員サイトにアップロードした様子。

テキストの作り方

テキストは業者に頼んで作ることもできますが、Wordなどを使ってもちろん自分でも作成できます。
印刷も自宅にあるプリンターでも十分対応可能です。

ページ数が多くなければホチキスでとめれば完成になります。

ホチキスではなくもう少しきちんと感を出したい場合は、このようなファイルを使えば簡単にきれいなテキストを作ることができます。

コクヨ レールクリヤーホルダー PP 5冊 A4 フ-W760W×5

新品価格
¥661から
(2017/8/3 15:15時点)

冊子として綴じたい場合は、業者に発注した方が美しいものができるかと思いますが、通常最低発注数が決まっているため、

そこまで数は必要ない場合や、中身を頻繁にアップデートしたい場合は、

最低発注数がはける前に在庫を破棄する可能性があります。
そうした事態を防ぐためにも市販品をうまく使うと良いでしょう。

材料キットの作り方

材料キット作りのながれはこのようになります。

仕入れ(卸価格で購入)

検品

梱包

・卸価格での購入には業務会員登録が必要です。
当スクールのディプロマ取得者は、国内最大手造花メーカーさんに優先登録ができるので、卒業後は安心して卸価格でご購入いただけます。
詳しくは下記のページをご覧ください。

アーティフィシャルフラワー花材購入 卸契約のご案内

アーティフィシャルフラワー花材購入 卸契約のご案内
【アーティフィシャルフラワー通信講座】 【アーティフィシャルフラワーレッスン教室・東京都港区】 初心者のためのアーティフィシャルフラワー...

【ご質問】アーティフィシャルフラワー花材の卸価格での購入は、一度契約すればずっと有効ですか?

【ご質問】アーティフィシャルフラワー花材の卸価格での購入は、一度契約すればずっと有効ですか?
【アーティフィシャルフラワー通信講座】 【アーティフィシャルフラワーレッスン教室・東京都港区】 初心者のためのアーティフィシャルフラワー...

・検品は、花の細部まで細かくチェックすることをお勧めします。
通常メーカーさんでも検品はされていますが、まれに見落としがあります。
造花は中国など海外で生産されているものが殆どであるからか、たまに髪の毛がはさまっていたりします(-_-)
汚れや傷がないかもしっかり確認しましょう。

添削・質問サポートの提供方法

添削や質問サポートの提供方法には、FAX・電話・メール・郵送などがあります。

どれを導入すべきかは、各スクールや講座の客層・コンセプトによって異なります。

自分のお客様にはどの提出方法が合うのかを考えましょう。

基本的に、ターゲットとなる受講生が一番使いやすい方法を選びますが、

サービス提供には人件費と手間、つまり経費がかかります。

サービス内容を決める時には、きちんと経費を受講料でカバーできるのか、
受講料はサービスの内容と経費・手間に見合った金額なのかをチェックし、
バランスが合うものを導入しましょう。

安いのにお得!が一番喜ばれそうですが、

現実問題、個人で経営するスクールや小さな教室の場合、
大企業のように薄利多売でも利益が確保できる仕組みは構築されていないことが多いため、
利益が少ない状態なのに手間と経費がかかるような質の高いサービス提供をするというのは無理があります。

無理をしたがために廃業しては受講生も困りますから、
自分が決めた質をきちんと継続できる内容・価格のバランスである方が良いでしょう。

通信講座で大事なこと

通信講座は、受講生だけでなく経営者にとってもメリットはたくさんあります。

いつでもどこでも仕事ができるので、直接教えることが苦手な方はもしかすると対面レッスンより楽で好きだと思う方もいるかもしれません。

ですが、通信講座であっても教え方の難しさ・大変さは対面レッスンと同じです。

むしろ顔が見えない分、相手の理解度や気持ちを考える想像力が必要となるので対面レッスンより難しいかもしれません。
正しい日本語や思いやりも求められます。

通信講座で一番気をつけたいことは、お申し込みから卒業まで、一貫して受講生の顔が見えないというこです。

相手の顔が見えないからこそ、「受講生はどう感じるか」という視点がとても重要になります。

メールの文章表現ひとつで誤解を招くこともあれば、
テキストの書き方ひとつで間違った認識にミスリードすることもあります。

添削のアドバイスひとつ伝えるにも、口頭で伝えるのと文章で伝えるのとでは、同じ文言であってもキツさが変わります。

この重要性を分かっているのといないのとでは大きな違いです。

こう文章に書くと、なにやらハードルが高くて難しそうですが、

大事なことはただひとつ!

「受講生の気持ちに立つ」ということ。

それを常に忘れなければ、怖がらなくても大丈夫ですよ^^

通信講座というのは、対面レッスンではお会いできないような遠く離れたところに住む受講生にもサービスを提供できるという大きな可能性と感動があります。

動画を撮影と聞くと、話がうまい人しかできないと思われるかもしれませんが、

サポートはメールなどのやり取りが中心になるので、文章を書くのが好きな方にも向いていると思います。

通信講座に興味がある方は、ぜひ一歩踏み出して作ってみてはいかがでしょうか?(*^^*)

本日の記事が参考になれば幸いです!

゚・*:.

大好きなお花に触れながら、
幸せにお仕事するわたしになる

全国から生徒が集まる

大好評のレッスン♪

さあ!あなたも

大好きなお花で
幸せにお仕事するわたしになりましょう!

▶︎オススメ【オススメ!】通信コースの詳細はこちらをクリックしてください。
▶︎通学コースの詳細はこちらをクリックしてください。

受講に関して、ご質問などありましたらお気軽に、お問い合わせくださいませ(^-^)

大好きなお花に触れながら、
幸せにお仕事するわたしになる

【初心者専門】親身丁寧!アーティフィシャルフラワー教室/東京都港区

ーーーーー

受講生の声
初めての方はこちらをご覧ください 良くあるご質問
レッスンメニュー一覧
アクセス(東京都港区 / JR田町駅より徒歩5分・都営線三田駅より徒歩3分)
オンラインショップ

ーーーーー
アーティフィシャルフラワー通信講座
アーティフィシャルフラワーレッスン教室(東京)

エレスタイル東京
ーーーーー

お問い合わせ先

Tel:050-5319-6741(9:00-17:00/平日)
Mail:info@elestyletokyo.com

※レッスンなどで電話に出られない場合がございます。
留守番電話になってしまう場合は、『お名前と用件』を入れていただけましたら、折り返しご連絡させていただきます。

※メールでのお問い合わせは、24時間受け付けております。
2営業日以内に折り返しご連絡させていただきます。

アーティフィシャルフラワーの基本知識が学べる♪無料メール講座
▶︎登録はこちらから​​